ドッグフードには、品質・安全性・栄養成分の表示方法の規制はありません。ドッグフードの現状は…
http://www.inualle.com/犬のアレルギー専科
犬のアレルギー専科TOP初めての方へ会社概要サイトマップお問合せ
犬のマウスケア

ドッグフードの現状

 どうして人間が食べれないフードをペットに与えるんだ
 



ベスト・アメニティ
内田弘社長




会社設立の経緯は、もともと人間用の「雑穀米」を主に製造・販売しております自然健康食品メーカーのベストアメニティ株式会社が母体となっております。
きっかけは、内田社長が左記写真のように愛犬ウルメちゃんを家族同様に可愛がっていたのですが、アトピーがひどくて病院を転々をしていたのです。その当時、ドッグフード、ジャーキー、シャンプーなどは、ホームセンターなどで買っておりました。

ある梅雨時期に、開封したままのジャーキーにカビが生えないのに気付き、もちろん食品メーカーを経営しておりますので、理由はすぐに判明したのです。
その時ペットフードの営業マンが会社に来て、フードを提案するので「試食しましょう」と自分が食べようとしたところ、「これはペット用ですので、人間は食べられないのですよ!」というのではありませんか!

どうして人間が食べれないフードをペットに与えるんだという想いから、雑穀米を使ってフードを毎日ペットに与えてきました。すると間もなく愛犬のアトピーは良くなり、ペット業界を少しずつ垣間見ることができ、「これではいけない!」ペットにも安心・安全なフードを与えたいという想いから、雑穀フード:アニマル・ワンが生まれたのです。「犬や猫は、人間よりも体内での処理能力が低いですから、本来は人間の食べる物より鮮度や栄養的にも質の良い物を食べなくてはならない」はずという想いから、生まれてもいるのです。

ペットフードはまだまだ規制がございません。80%の成分を表示していれば、残りの20%を表示しなくても良いのです。たとえば20%防腐剤を入れていても、20%を超えなければ「無添加」表示できるのです。信じられないような実態なのです。
しかも、海外から船便で2ヶ月近くかけてコンテナで運ばれてきます。しかし、日本で梱包すれば原産国が「日本」というようなことが平気で行われているのです。

その海外でのペットフードで衝撃的な工場を見た方の話では、牛や馬や豚をプールの中へ入れて薬漬けにします。病気の動物や死にかけた動物、死んだ動物をプールに入れて薬漬けにするのです。それからミンチにしてペットフードの完成というような実態です。CMとは大違いなのを知ってビックリです。

衝撃的な内容かも知れませんが、これがペットフード業界のまだまだの現状です。

2009年以前は、上記のような状態でした。
でも、海外でドッグフードを食べたワンちゃんが急死すようなことが相次いだ為、平成20年6月「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」制定され、平成21年6月1日「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」施行されました。

それまでは、業界の自主ルールの下、野放し状態だったのですが、やっと表記の基準が、以下のように決められたのです。


販売用ペットフードには、次に掲げる事項を表示しなければならない。
(1)販売用ペットフードの名称(犬用又は猫用)
(2)原材料名(原則的に添加物を含む全ての原材料を表示)
(3)賞味期限
(4)事業者の氏名又は名称及び住所
(5)原産国名(最終加工工程を完了した国)

以前との大きな違いは、(2)と(5)で、特に(2)が義務づけられた為に、表記が著しく長くなっているのに、気付かれた方もいらっしゃると思います。それぐらい、様々な添加物が使われているにも拘わらず、これまで表記されてこなかったということなのです。

※さらに詳細を知りたい方は、こちらをご参照頂ければと思います。
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)

 



ご存知ですか?

現在、ペットフードには、品質・安全性・栄養成分の表示方法の規制はありません。人間用の食品は、厚生労働省による「食品衛生法」があり、家畜用飼料には、農水省の監督下にあるのですが・・・
 
着香料は、食いつきをよくするために添加されます。添加基準がないために○○フレーバーなどと表示され、肉や乳製品とは無関係な人工的香料の化学薬品と言われています。
 
着色料は、飼い主をターゲットしたもので、品質がよく見えるように、また美味しそうに思わせる為、使用されているようです。例えば、アメリカでは“赤色2号”がネズミにガンを引き起こすという証明までされています。
 
ドライフードには酸化防止剤(防腐剤)が必要です。なぜならば原材料に保存食として不適切なものを用いている場合があるからです。酸化防止剤は(防腐剤)の代表的なものに、エトキシキン・BHA・BHTという発ガンや遺伝毒性をはじめ、様々な病気を引き起こす一種でもたいへん危険性のある物があります。市販のペットフードのにはこのようなものを、二種も三種も組み合わせている物も少なくありません。
 
尿管結石や腎不全などの病気が急激に増えていることもあり、マスコミによる独自の調査によると、発ガン性物質が検出されたということです。
 

レンダリング工場の実態

カナダ在住の愛犬家、アン・N・マーチン
「食べさせてはいけない!ペットフードの恐ろしい話」(白楊社・北原憲仁訳)

1995年9月、ボルティモアの「シティ・ペーパー紙」に、ジャーナリストのヴァン・スミスによる「崩壊(メルトダウン)」という記事が掲載されました。そこにはレンダリング工場(訳注=死んだ動物の肉などを攪拌してペットフードの原材料をつくる工場)で起こっていることが書かれています。

ふんだんに写真が添えられたこの記事は、死んだ数多くの犬や猫がレンダリング処理されていることを明らかにしています。スミス氏は、動物園での動物の死骸や「何千という死んだ犬や猫、アライグマ、オポッサム、シカ、キツネ、蛇、そして地域の動物収容施設や轢死動物パトロール隊が毎月処理しなければならないその他の生き物たち」がどのように処理加工されるかについても述べています。

「恐ろしく皮肉な展開だが、死んだペットを含む食用に適さない死んだ動物の体のほとんどは、最後には飼料となり、同じ種類の次の世代を肥らせるためにつかわれるのである。」

さらにマーチン女子は、肉骨粉には収容施設から送られてきた、安楽死させられたペットのたちの死体が入っており、米国で安楽死に使われるペントバルビールと言われる鎮静剤・麻酔剤を致死量に達するまで静脈に注射し、安楽死させている。それが肉骨粉に残留している可能性が高いと指摘。しかもこの薬品は、妊娠動物に使用すると胎児へ移行し、死産・流産を引き起こすことがある。

レンダリング工場とは、牛や豚、やぎ、子牛、羊、家禽(とり)、ウサギが最期を遂げる食肉処理場は、レンダリング工場にもっとも多くの原料を提供しています。屠畜したあと、頭部や足、皮、足指のつめ、毛、羽毛、手根骨や足根骨の関節、乳腺は取り除かれます。これらはレンダリングに回されるのです。

食肉処理場で運ばれる途中で死んでしまった動物たちがレンダリングされます。ガン組織や腫瘍、寄生虫に感染した器官がレンダリングされます。充血部位や血塊、骨の破片あるいはそこに付着したものがレンダリングされます。

汚染された血液がレンダリングされます。胃や腸がレンダリングされます。そして、食品薬品法と環境保護法によって禁止された物質、あるいは法の許容量を超えた物質が含まれる原料、もしくはその物質を処方された原料。言い換えると、死骸に高レベルの薬物や殺虫剤が入っていると、この原料はレンダリングされるのです。
(中略)
レンダリング工場では、食肉処理場からきた原料、レストランやスーパーマーケットが出したゴミ、死んだ家畜、路上轢死動物、安楽死させられたコンパニオン・アニマルが巨大な容器に投げ込まれます。そして機械がこれらごたまぜの原料をゆっくりと砕いていきます。細かく砕いた後、だいたい104℃から132℃の間で20分から1時間加熱処理します。そうすると脂肪や獣脂が上に浮いてくるので、これらを取り出します。この脂肪や獣脂が、ほとんどのペットフードに含まれる動物性脂肪のもとになります。残った原料は、加圧して水分を搾り出します。こうして肉骨粉が手に入るのです。

日本にもレンダリング工場はしっかり存在する。日本共産党徳島委員会の「県議だより」によれば、「犬・猫が肉骨粉に!県当局認める」との見出しで、徳島化製事業協業組合に対する疑惑を指摘している。
「12月13日(2001)の県議会同和・人権・環境特別委員会の質問で、山田豊県議が徳島化製への犬猫処理問題を追求しました。神野保健福祉部長は、徳島市、鳴門市、佐那河内村が徳島化製に犬猫の死骸処理を委託契約していたこと、それが肉骨粉になっていたことを認めました。(中略)徳島市は、1978年から徳島化製に処理委託を開始。昨年度は野犬、野猫、飼犬、飼猫あわせて3493頭の処理を390万円で依頼」

今でも、年に45万4118頭(2003年)もの殺処分が行われている。
その中の何割かは相変わらず肉骨粉に化けているかも知れない。

輸入されるペットフードの多くは、日本に着いてから一度開封され日本市場向けの小袋にリパックされるケースが殆どですが、それは保存性を高めるためといっている会社もありますけど、実はそのままではとても出荷できない状態だから。異物が沢山混入しており、取り除かなければならないのです。異物というのは、ビニールの切れ端だったり、留め金だったり、動物の毛や爪の一部だったりする。つまり、これらが混じるのは生産過程の管理がずさんだからです。


健康ステーション
健康体でいる素晴らしさを説くサイト

 
INFORMATION
 ショップへのアクセス
 初めての方へ
 犬のアレルギーの原因
 アレルゲンの誤解
 犬の肥満
 ドッグ(犬)フードの現状
 こだわりの原材料
 獣医・飼養管理士の声
 お客様の声
 お客様の愛犬写真
 ワケありお買い得(お助けお願い)商品
 メールマガジン
 ブログ
 
MENU
 犬の食事
 雑穀レトルトフード
 玄米ごはん
 玄米自然食
 雑穀ドライフード
 マザー プラス ドライフード
 マザー ドライフード
 グリーングレイン
 犬の雑穀ごはん
 犬フードお試しセット
 犬の目に良いフード
 視力回復・白内障予防フード
 目に良いふりかけ
 ごはんの副食
 カフェでわんパン
 フリーズドライ納豆
 ふりかけ
 エヴリ・ワン
 容量の多いフード
 大型犬・多頭飼い主様用
  > お客様の声
  > 原材料
  > 推奨する獣医師の声
 手作りごはんの材料
 十六雑穀
 充実雑穀(八穀米)
 有機すりゴマ
 有機浄身粉(はと麦)
 亜麻の実粉末
 野菜フレーク
 煮干し粉(椎茸昆布入り)
 命の粉(食物繊維)
 はなまるママ(玄米調味料)
 ナチュラルクック(調味料)
 犬のおやつ
 肉系おやつ・ジャーキー
 地鶏ジャーキー
 牛ジャーキー
 牛テール
 馬肉ジャーキー
 鶏ササミ・すなずり(肝)
 鶏冠、ターキーアキレス
 豚耳スティック
 カンガルージャーキー
 ポケットジャーキー
 しつけレバー
 魚系おやつ、ジャーキ 
 まぐろジャーキー
 さかなのおやつ
 おやつふりかけ
 雑穀おやつ、クッキー
 おせんべい(雑穀の王様)
 リトルキング
 雑穀クッキー(歯石予防)
 小粒クッキー
 パームフルーツクッキー
 手作りクッキー

 チーズ・乳製品

 チーズ
 犬用サプリメント
 愛犬用乳酸菌
 乳酸菌Daワン
 犬用乳酸菌生成エキス
 納豆菌・乳酸菌補助食品
 犬の代謝力アップ
 ミネラルDaワン
 バイタルエナジーV
 チェンジアルファ
 AVED(M&KIDS)
 ヤギミルク
 KPSヤギミルク
 ぶどう糖ヤギミルキー

 犬の肝臓対策

 肝臓用サプリメント
 犬の目に良く血流アップ
 スリーAスター
 天然やつめ珠
 ガン対策・免疫力アップ
 花びらたけ 愛犬用
 ベータグルカンEX
 犬の膝・関節用
 グルコサミン
 ジョイントプラス
 犬の抗酸化対策
 カテキン
 活性酸素対策水
 ゲルマニウム水
 犬の便秘・下痢対策
 体内クリーナー
 犬用食物繊維
 ミネラルバランス検査
 被毛検査
 その他
 活力エキス
 犬用カルシウム
 スニッカーピル
 犬のケア用品
 アレルギー対策シャンプー
 犬のシャンプー
 高級シャンプー
 レッドフルーツソープ
 シャンプー落とし
 足洗い用石けん
 犬用入浴剤
 入浴剤
 温泉21
 犬のスキンケア用品
 犬用ローション
 犬用スキンケアクリーム
 抗菌水
 イヤークリーナー
 涙やけクリーナー
 犬のマウスケア用品
 犬の歯石・歯垢予防
  > スケラー(歯石取り)
  > 歯ブラシ&ハミガキ
 マウスクリーナーガム
 犬の被毛ケア用品
 抜け毛対策サプリ
 ファーミネーター
 シェッドバスター
 犬の消臭・除菌対策用品
 犬の除菌・消臭
 犬の消臭剤
 ノミ・ダニ・蚊対策用品
 ノミ・ダニ退治
 ノミ除け、虫除けスプレー
 虫除け・蚊除け
 蚊取り線香
 夏の暑さ対策
 クールボード
 愛犬用食器
 磁器食器

<3月カレンダー>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             
<4月カレンダー>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

は休業日です。
は出張の為、休業日
は臨時休業日、
は午前休業日、
は午後休業日です。
ご注文及び発送、お問い合わせに対するお返事は休業日明けとなりますので、ご了承下さい。

ご注文は24時間受付しております。

電話対応・メール対応は
営業日の
午前11時〜午後6時まで

とさせていただきます。

 




Copyright (C) 2005 CS Brains.Ltd All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
0120-54-1120
ご注文・お問合せは、シーエス・ブレインズ有限会社まで 営業時間11:00〜18:00(日曜日、第2・4土曜日除く)